防災

災害時の対応

■ 台風接近時の対応 ■

  • 自分の授業開始時間1時間前に暴風警報が発令されている場合、その日の授業はお休みとなります。
  • 暴風警報により学校が休みになった場合でも、自分の授業開始時間1時間以上前に暴風警報が解除されている場合は、授業は予定通り行います。

状況によって変更となる場合もあります。

正式な決定は緊急用連絡メールにてお知らせいたします。

■ 地震時の対応 ■

東海地震予知情報(警戒宣言)が発令された場合連絡があるまで休塾します。
詳しい対応等は緊急連絡メールにてお知らせします。

通塾前に地震発生の場合遠州灘など、近隣で大地震が発生した場合は連絡があるまで休塾します。

また中小の地震が多発した場合など、状況により休塾とすることもあります。

詳しい対応等は緊急連絡メールにてお知らせします。

授業中に小・中程度の地震発生の場合被害がない程度の小さい地震の場合は、そのまま授業を継続します。

中程度の地震の場合、近隣の状況やラジオ放送などを確認し、教室に待機とし、本部の指示に従います。

授業中に大地震発生の場合

舞阪校の生徒は、ライフジャケット等を持ち、第2保育園の東の避難タワーに避難し、安全が確認されるまで待機します。

新橋校の生徒は、ライフジャケット等を持ち、新津小学校4階屋上へ避難し、安全が確認されるまで待機します。

その他の教室の生徒は、近隣の状況やラジオ放送などを確認し、教室に待機とし、本部の指示に従います。

どの教室でも、その時の状況により対応を変更する場合もありますので、災害用伝言ダイヤルを利用し、各教室の状況・連絡をご確認ください。(使用方法等は後述)

■ 津波への対応 ■

震源が遠い地震等で、津波警報等が発令された時の対応です。

【通塾前】

津波注意報

舞阪校:状況により休校とすることがあります。

その他の教室:通常通り実施。

津波警報

舞阪校:避難準備のため休校

その他の教室:通常通り実施。ただし、状況により変更あり。

大津波警報

全教室:避難準備及び情報収集のため休塾

【授業中】

津波注意報

舞阪校:状況を確認し待機。本部の指示に従う。

その他の教室:通常通り実施。

津波警報

舞阪校:避難準備のため帰宅。

その他の教室:状況を確認し待機。本部の指示に従う。

大津波警報

全教室:避難準備及び情報収集のため全生徒帰宅

■ 災害時の安否確認 ■

  • 大災害発生時の連絡・安否確認には、「災害用伝言ダイヤル171」を使用します。詳しい連絡内容や番号等は下記を参照してください。
  • 録音は各電話番号につき10件までです。また、録音内容は48時間後に自動消滅するまで消すことはできませんので、緊急度の低い録音はしないでください。
  • 録音内容は48時間で自動消滅します。必要な場合は再度録音してください。

使用方法・番号

塾からの緊急連絡を確認171-2-053-447-1692

各校舎の安否確認

  • 天竜川校171-2-053-465-7271
  • 新橋校171-2-053-447-1910
  • 舞阪校171-2-053-592-9398
  • 与進校171-2-053-422-6456
  • 飯田校171-2-053-462-6270
  • 文丘校171-2-053-476-1480
  • 中郡校171-2-053-435-3333

保護者と生徒間の緊急連絡録音171-1-053-(自宅電話番号)確認171-2-053-(自宅電話番号)