田中学院特進科のご案内

 代表者ご挨拶

 田中学院特進科のホームページをご覧いただきありがとうございます。 当塾は、1976年に「田中英数学院」として浜松市に学習を創立以来、生徒のみなさんの夢を応援し続けてきました。 現在では、「田中学院特進科」と名称を変え、浜松市内の7つの教室で指導にあたっています。「特進科」として、毎年多くの生徒のみなさんが浜松北高・浜松市立高・浜松西高・浜松南高などの上位校に進学し、 塾生たちは大きな目標に向かって学習に励んでいます。

 学習とは、「実りある豊かな社会を築き、一人ひとりが幸せをつかむために行う努力」です。そのために小・中学校の義務教育9年間では、「自身の才能を発見すること」、「様々な環境に適応できるよう経験を増やすこと」、 さらに「最低限の教養を身に付けること」を目的に、いろいろな科目・分野を勉強します。1つも不必要なものはありません。学習は嫌なものではなく、豊かな生活を送るためのものととらえ、意欲的に取り組んでいきましょう。

 浜松ひとすじ45年。地元の小・中学校、高校を熟知し、この歴史が学習指導・進路指導の基礎となっています。 これからも、伝統と経験を社会に還元できるよう、生徒のみなさんの夢を応援しつづけてまいります。


田中学院特進科 学院長 田中康裕

 当塾の理念

 【 学問とはひとつの特技である 】

 絵が上手、ピアノが上手、野球が上手…さまざまなジャンルの中にさまざまな特技がありますが、 間違いなく学問もその中の「1つの特技」です。特技である以上鍛錬すれば必ず伸びます。しかもスポーツや芸術などと違い、努力すればすぐに 成果が現れてくるはるかに身につけやすい特技です。学問という特技を伸ばすのが、塾の役割であると考えています。
 一方で、『学問が得意=立派な人間』とは限りません。 少しばかり学問ができても他人を見下すようなことをしてはならないことは言うまでもないことです。学問という特技を身につけ、さらに良い人格をも身につけてはじめて一人の素晴らしい人間が生まれます。言葉遣い、礼儀等は一人の人間として一番大切な基本であると考えており、そのような点についても必要に応じて指導しています。


 【 教育とは長所を見つけ伸ばすこと 】

 生徒が成長するときには必ず「自分の力」で成長しています。 生徒の長所を見つけ、適切な言葉をかけ、励まし、生徒の持つ力を目覚めさせることが教師の役割であり、教師の力とは「生徒を伸ばす力」のことであると考えています。
 そのためには「苦難に耐え得る力」も養う必要があります。時には厳しく辛抱させることも必要であり、相手の立場を理解し、自己を抑制することも必要になります。自分勝手な考え方には適切な指導をすべきであると考えています。


 【 民間教育機関として学習環境を整備 】

 公教育に対し、塾は「民間教育機関」です。子ども達へすばらしい学習の場を提供したいと考えています。 テレビ、ゲーム、お菓子…等の中では集中した学習など不可能でしょう。互いに競い合い、 磨き合う中で子どもたちは少しずつ成長していきます。信頼できる指導者と学習に集中できる雰囲気こそ、 すばらしい学習環境といえるでしょう。

 授業の特長・雰囲気

 「親身」

 当塾は、よい意味で生徒と講師の間の距離が近い塾です。授業中の雰囲気も明るく、学習に前向きに取り組める環境となっています。先生に質問や相談がとてもしやすいと、塾生の皆さんから好評をいただいています。中には卒業後も、あるいは大人になってからも遊びに来てくれる生徒もいたりします。一人ひとりに「親身」に接することで、「自分を応援してくれる人がいる」と感じてもらえているのなら、こんなにうれしいことはありません。

 「本質」

 学びは「納得」ができないと深まりません。そのためには「本質」を生徒の皆さんに伝える必要があります。学習内容において本当に大切なところを、シンプルに丁寧に、わかりやすく面白く。生徒の皆さんが毎回「納得」できる授業を心掛けています。

 「挑戦」

 高いレベルを目指すためにはどうしても「挑戦」が必要です。解ける問題ばかりを解いていても実力は向上しません。ですから難しい問題にも積極的に挑戦します。できたなら、それは大きな自信となります。もし不正解だったとしても、「挑戦」したこと・努力したことは褒められるべきです。間違いから得られた経験を自分の力に変え、次は解けるよう、指導しています。

 「自分をより高めたい」

 当塾は「特進科」として、自分をより高めたい、よりレベルの高い高校に進学したい、という生徒の皆さんに通っていただいています。お互いに刺激しあいながら、励ましあいながら成長できる環境がここにはあります。そんな仲間たちと、一緒に学んでみませんか?

 概要

  ■ 名称
    田中学院特進科

  ■ 本部所在地
    浜松市南区新橋町1045-2

  ■ 電話番号
    053-447-1910

  ■ FAX番号
    053-447-1692

  ■ 代表者
    田中 康裕

  ■ 設立年月
    1976年 2月

  ■ 事業内容
   〈小学生〉
    ・国 / 算 / 英の個別指導
    ・小学6年生算数の強化コース
     (アドバンスコース)

   〈中学生〉
    ・授業補習(予習中心)
    ・定期テスト対策
    ・進路指導
    ・高校入試対策

 沿革

  1976年 2月
   ・田中英数学院 創立
   ・新橋校 開校
   ・天竜川校 開校

  1979年 3月
   ・鴨江校 開校

  1980年 2月
   ・田中学院へと塾名変更

  1986年 3月
   ・舞阪校 開校 

  1993年 3月
   ・田中学院特進科へと塾名変更
   ・与進校 開校

  1995年 3月
   ・飯田校 開校

  2000年 3月
   ・布橋校 開校

  2001年 12月
   ・布橋校を北前校へと名称変更

  2006年 3月
   ・南陽校 開校

  2007年 12月
   ・北前校を移転し、文丘校開校

  2012年 3月
   ・中郡校 開校

 ロゴマークについて

 当塾のロゴマークは“田中学院”の頭文字である“T”と“G”をベースとしたシンプルなものとなっています。これは当塾の「シンプルでわかりやすい授業」と、「本質を追求する姿勢」を表しています。また中央下部の放物線は、「未来を担う子どもたちの二次曲線的な成長」と、その子どもたちが担う「未来の社会の二次曲線的な発展」を願ったものです。
 田中学院特進科は、子どもたちへの指導を通じて社会へ貢献してまいります。