小学生 月例テスト

■ 対象者・学年
  小5・小6 全員
■ 科目
  国語・算数・社会
■ テスト範囲
  算数・国語 : 小学校 既習範囲
  社会 : 配布資料の範囲
 「勉強しなさい」といわれても、具体的な目標がなければ、なかなかできるものではありません。そのため家庭学習の動機づけのひとつとして、またその月で学習した内容をテスト範囲として学力定着の度合いをはかるため、毎月1回月例テストを実施しています。テストで間違えた問題は、自分のわからないところ・苦手なところですから、返却時に直しをしっかり行い、力をよりいっそう高めていきます。

 算数・国語のテストは、学校ですでに習った範囲をテスト範囲としています。このため普段の授業で算数や国語を受講していない生徒さんでも、テスト範囲のご心配はいりません。社会は、月例テストの2週間ほど前に資料を配り、その中から問題を出題します。都道府県名や代表的な山脈・河川名、歴史分野の年表・人物名などが出題されます。中学校での学習に非常に役に立つ分野ですので、小学生のうちに学習してしまえば中学生になってからの学習にとても有利です。

 また成績上位者は、毎月発行の「学院だより」に名前が掲載されます。塾生は自分の名前が掲載されることを目標に、日々勉強に励んでいます。尚、「学院だより」に名前がのる生徒のほとんどが、北・西・南・市立高校に進学しています。